<< June 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
喜多流能楽師。
全国津々浦々、謡蹟を訪ねて写真を撮っております。

関連サイト

カテゴリー
新しい記事
記事検索
アーカイブ
Total:
T:  Y:
<< 奈良の旅〜興福寺・長谷・葛城〜 | TOP |
名張の旅 観阿弥ゆかりの地と名瀑・赤目四十八滝


名張市は能楽史跡に恵まれた地域です。
近鉄大阪線・名張駅には「翁面を持つ観阿弥像」が駅前ロータリーにあり、また名張市役所前にも「翁を舞う観阿弥像」が建てられています。近年作られた「観阿弥ふるさと公園」には「観阿弥創座の地記念碑」もあり、宇流冨志祢(うるふしね)神社の社務所には名張藤堂家より寄贈された能面・狂言面が45点あります。予約して無料で拝見してきました。
午後は伊賀まで足を延ばし「世阿弥公園」へ。木津川沿いの畑の中に「世阿弥の母の像」がぽつんと寂しくあり、とても「世阿弥公園」とは言えないような有様でした。九品寺の裏手にある八幡神社には「夢跡一紙(むせきいっし)」(世阿弥による元雅追悼文)の碑もあります。台風が接近する悪天候でしたが、折角でしたので赤目四十八滝も見てきました。悪天候の影響で途中から立入禁止となり8つの滝しか見ることが出来ませんでしたが、どうにか雨の止んだ間に濡れないで見られました。
最後に名張駅前にある名張藤堂家邸跡を訪れましたが、次第に近づく台風18号(平成25年9月15日)が心配で、早めに大阪に戻りました。

では行程を写真でご紹介します。

平成25年9月15日
 


名張駅前の翁の面を持つ観阿弥。


 宇流冨志祢神社外観。

 

これらの能面・狂言面は名張藤堂家からの寄贈ですが、朝倉尉がとても貴重な一面です。予約しておいたので、すぐに拝見することができました。


 赤目四十八滝は入場料¥300が必要です。台風の影響で水は濁り水量も多く、そのため途中で通行禁止となり、途中の茶店のところから引き返しました。

 

 


下流から四つ目の不動の滝。

 

 千手茶屋にて千手の滝を背景に。台風の影響で少し雨が降ってきて水も濁っていたので、晴天時にまた訪れたいと思いました。


 名張市役所前にある翁を舞う観阿弥像。

 

 平成7年、名張市上小波田に「観阿弥ふるさと公園」が整備され、敷地内に能舞台が作られました。

 

 名張市上小波田が観阿弥の創座の地であることを説明する看板。


  顕彰碑は鹿島建設元会長・鹿島守之助の協力により昭和44年に除幕。裏面には観阿弥の息子・世阿弥が次男の元能(もとよし)に筆記させた「申楽談儀」の一節が刻まれています。

 

毎年11月第一日曜日に観阿弥祭が行われ、地元の児童らのこども狂言、一般能楽愛好家の仕舞、謡曲も奉納されています。

 


伊賀市木津川沿いにある「世阿弥公園」。
カーナビの検索では、「該当する場所はありません」と案内が出ますが、iPhone5の地図案内を駆使すると驚くほど正確に、ここも八幡神社も明記してくれました。iPhoneの地図案内は優れ物です。この判りにくい場所はiPhoneがなければ探し当てることは出来なかったと思うほどです。


 世阿弥の母(観阿弥の妻)の像は鹿島建設元会長・鹿島守之助が世阿弥の母の子孫であることから、「観阿弥創座の地記念碑」と世阿弥公園の「世阿弥の母の像」を寄進建設されました。ただアクセスが悪すぎるため、この像を訪れる人はほとんどいないと思われます。

 

藤堂家にて、雨に濡れた庭。

 

台風の襲来を心配しながら庭を眺める筆者。

 

東海