<< April 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
喜多流能楽師。
全国津々浦々、謡蹟を訪ねて写真を撮っております。

関連サイト

カテゴリー
新しい記事
記事検索
アーカイブ
Total:
T:  Y:
<< 吉野山近郊から二上山麓まで | TOP | 源義朝公最期の地・野間大坊と知立の三河八橋 >>
韓国の旅




平成22年6月28日から二泊三日の韓国ソウルの観光をしてきました。
東京から便利な羽田発、金浦空港行を利用すると二時間、短くフライトは楽でした。
添 乗員は付いていないツアーなので、現地案内人の李(リー)さんに宿泊地・プレジデントホテルまで案内してもらい、昼食と買い物、そして若者の街、明洞 (ミョンドン)を散策してきました。韓国といえばエステ、サウナが有名です。我々も汗をかきだして気分爽快になって夕食をとり初日は終わりました。

翌日(29日)は一日観光。
朝鮮王朝の宮殿、昌徳宮を拝観、仁寺洞でウインドウショッピングを楽しみ、昼食は韓国料理の代表、サムゲタンを満喫しました。
満腹となり車に揺られること約50分で華城に到着、城跡を散策し華城行宮を見てホテルに戻るともう夕食時間。お目当ての「蟹の醤油づけ」をガイドブックから探して食べてきました。
夜 は丁度、サッカーワールドカップ日本対デンマーク戦でしたので、早々にホテルに戻ると丁度、ホテルの隣の広場で韓国のサッカー選手団の慰労会があり、たく さんの歌手が歌や踊を繰り広げ、その模様がテレビ放送されて、同時に二つの場面を楽しむ、という珍しい現象を体験出来ました。
結局応援は、一日の観光の疲れか、睡魔に勝てず残念ながら寝てしまい、翌朝のニュースで負けを知りました。短い期間でしたが、楽しい旅でした。




 昼食は明洞(ミョンドン)の「アリアン」で、うどん鍋。
牛肉と蛸がたくさん入っていて、蛸は店員さんが大きな鋏で手際よく小さく切り刻んでくれます。お味は辛めを控えて美味しくいただきました。





この日のレートは、100ウオン=8.9円。
明洞(ミョンドン)を散歩すると町中のいたるところで換金が出来ます。




今、韓国といえば女性はエステ・サウナが流行ですが、我々もサウナで日頃の疲れを取りリフレッシュ、マッサージと垢すりの基本コースを頼みましたが、結局他にいろいろなオプションを付けられてしまい、総額は、80000ウオン、約8000円でした。




さあ本家本元の焼き肉、まずはビールで乾杯!こちらのビールは日本に比べて味が薄く軽い感じ。ずらりと並んだ様々なキムチや野菜と一緒に焼いてくれる肉を待つお二人。




観光は、北村の韓国特有のお住まいの前で記念撮影。
左から、私、出雲康雅氏、粟谷能夫氏、長島 茂氏。




昌徳宮はユネスコ世界遺産に登録された朝鮮王朝の宮殿。
中国と同様、石畳の真ん中の道は王様しか歩けない、ここでもやはり偉い方が真ん中歩いています。




自然と調和を考えて作られたお庭と建物、景色にご満足のお三方。




カメラマンの宿命、自分の写真がないので今回はガイドさんにお願いして。




仁寺洞は古美術などが並ぶ落ち着いた街、我々は若者向きの明洞(ミョンドン)より
こちらの雰囲気が似合うみたいです。ちょっと欲しくなる篆刻や陶器がありましたが・・・




昼食はサムゲタン、ひな鳥の内臓を取り出して餅米を入れて丸ごと煮込みます。
特にスープが美味しいですが、私はこの一人前は多く全部食べられませんでした。




こちらは「うまかった〜」と完食した長島茂氏。




猫舌で小食の出雲康雅氏は「もう無理!」と途中でお手上げ状態。




午後は市内から車で50分ほどの華城に移動。




城壁を一周は3時間もかかるので、ほんの一部を徒歩で移動、
中国の万里の長城のミニチュア版みたいです。




ガイドさんお薦めの場所で撮影、
韓国では「はいチーズ」じゃなくて「はい、キムチ〜ですよ!」と言われても無反応な方々もいらしたみたい 。




華城の中心を南北に流れる川の華虹門、雨が多いと水量が増え七つの水門から虹色の水しぶきが飛んできれいだといいますが・・・水不足でした。




撮影している私と華虹門(北水門)を一緒に撮ろうとしている長島 茂氏(左)と出雲康雅氏 。




NHKの放送した「チャングムの誓い」のロケ地でもある華城行宮の正門にて。行宮は王様の仮住まいで、一時旧日本軍に占領破壊されてしまいましたが、2010年に復興しました。




「チャングムの誓い」の人形が多く置いてあるので、こちらも、と思ったら本物でした。
お茶を入れて下さいますが、韓国の女性は左膝を立て座るのがお作法です。
男子は胡座が正規な座り方です。




二日目は海鮮の蟹料理を予定していたので「蟹の醤油づけ定食」をオーダー。
これが4人前です。キムチ類が沢山出て、御飯とスープで40000ウオン
焼酎を水割りで飲みたく、注文しましたが言葉が通じません。
ジンロ!で焼酎は来て、次にアイス!、で氷は来ましたが、水が通じません。仕方がなく英語で「ウ・オ〜ター、プリーズ」と、しかし余計変な顔をされてしまいました。手振りでどうにか水が出てきましたが、見習いの中国人だったらしく、あとでガイドさんに聞いたら英語も通じるが発音が違う、
「ウォラ〜」だと言われました。発音の大事さを痛感しました。




帰国の日の朝は地元の方に聞いた庶民的なお店で朝食。




朝食も昼食もこの定食のみのお店。6000ウオンでお店は満員
朝からキムチですから、当然口も身体もキムチ漬けになりました。




金浦発のANAの機内食はビビンバ、
これが結構美味しかったです。



海外