<< May 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
喜多流能楽師。
全国津々浦々、謡蹟を訪ねて写真を撮っております。

関連サイト

カテゴリー
新しい記事
記事検索
アーカイブ
Total:
T:  Y:
<< 新城 富永神社能舞台 | TOP | 満仲ゆかりの地 >>
あさば能舞台



先日5/9、修善寺芸術紀行と題して、友枝昭世氏の『八島』が演じられました。
地謡は地頭、粟谷能夫・粟谷明生・谷大作・粟谷充雄・友枝雄人・粟谷浩之の6名でした。
天候も良く、ロケーションも最高のこの日の修善寺、あさば旅館の能舞台「月宮殿」を写真にてご紹介いたします。
1近くを流れる桂川



2近くの竹林は竹の子がたくさん



3見所からの舞台(池にせり出すような舞台。見所は池を隔てて造られている)



4地謡座から見る鏡板と橋掛かり



5地謡座からの見所



6舞台裏の楽屋への通路



7幕間より舞台



8舞台遠景 (夜は照明で舞台が浮かび上がるように見えます)



9きれいな庭のツツジ


こんな素晴らしい能舞台、是非一度いらしてください。

東海