<< April 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
喜多流能楽師。
全国津々浦々、謡蹟を訪ねて写真を撮っております。

関連サイト

カテゴリー
新しい記事
記事検索
アーカイブ
Total:
T:  Y:
<< 美濃赤坂から湖北観音巡り | TOP | 中国、西安と北京の旅(2) >>
中国、西安と北京の旅 (1)



 平成14年7月9日より三泊四日、喜多流の、出雲康雅氏、粟谷能夫氏、長島茂氏と私の4名で中国、西安と北京に行ってきました。目的は兵馬傭坑と万里の長城の見学です。天気にも恵まれ、広大な中国の大地とスケールの大きさを痛感し、歴史ある史跡に感動してきました。
行 程は初日が移動のみとなり、成田より北京経由にて西安に入りました。二日目、西安では華清宮、秦の始皇帝の兵馬傭、空海ゆかりの青龍寺(しょうりゅう じ)、阿倍仲麻呂記念碑、文字の博物館碑林、最後に大雁塔に登り、途中、強制的におみやげセンターに寄り道させられ、行程、おみやげ共にぎっしり詰まった 旅でした。
三日目は朝6時起きで、北京空港に向かい、到着後直ぐに、明十三陵を見学して昼食をとり、万里の長城、八達嶺(はったつれい)から全員 目標の見晴台まで無事に行ってきました。夕方には天安門広場を散策して、北京ダックのおいしい老舗、北京全聚徳飯店にて夕食をとり、夜は屋台の街を徘徊し 試食してもいいかなと思いましたが、おなかを壊しそうな雰囲気でしたのでホテルに帰り、部屋で宴席としました。
帰国日は朝、天壇公園に寄り、故宮博物館を尋ね散策して帰国しました。

 華清宮は西安から30キロメートル離れた驪山(りさん)の麓にあります。3000年前西周の時代から温泉の湯元で歴代帝王はここで享楽に耽けっていたようです。能『殺生石』の謡に出てくる周の幽王は后を伴ってここで酒宴をし、秦の始皇帝も又この温泉に入ったと云われています。特に唐の玄宗皇帝はこの地に宮殿式建物を造営し「華清宮」と名付けました。前に見える池が華清池、奥に見えるのは驪山です。ケーブルカーがあり時間があれば乗って頂上に行きたかったのですが、今回は割愛しました。



飛霜殿は玄宗と楊貴妃の宿泊所です。
この華清宮や驪山は謡にも出てくる有名な所です。
例えば
『楊貴妃』 「昔は驪山の春の園に」や「げにや驪山の宮の中」
『湯谷』  「驪山宮の秋の夜の月、終わり無きにしもあらず」
『遊行柳』 「其の外玄宗華清宮にも、宮前の楊柳寺前の花とて」 などです。



ちょっと夢が覚めてしまう様な楊貴妃の立像ですが、何故かここにて全員で記念撮影をしてしまいました。



華清池のまわりにある柳は情緒があって良い景色でしたが、建物の改装をしていたのが少し残念でした。



華清宮を見学の三人、(左より出雲、長島、能夫)左はガイドの張さん。



華清宮から驪山。驪山の山腹は蒋介石が張学良の護衛兵に捕まった所としても有名。




露天の風呂場に建物を建てたのは玄宗皇帝です。



宗と楊貴妃の専用風呂は海棠湯と蓮花湯です。



楊貴妃専用の風呂、大理石で蓮の形をしています。



玄宗皇帝の入った大きな風呂場、楊貴妃も一緒に入ったとか。とにかく広いです。(4枚)











楊貴妃は湯上がりにこの塔に上がり、好物の茘枝(れいし)を食べ涼んだといわれています。



リウマチに効く温泉が出ていましたが、有料なので素通りしました。



池の際に綺麗な花が咲いていました。植物がお得意の出雲氏より即答で「ブーゲンビリヤ」とご説明がありました。



華清宮の池。(2枚)






水の流れ出すところは龍の頭を象っています。



ガイドの張さん、お世話になりました。



兵馬傭博物館、1号館



兵馬傭博物館、2号館



兵馬傭博物館、3号館。拝観は3号館の銅馬車から始めました。


3号館の銅馬車には一号車と二号車がありますが、写真は一号車です。
二千年前に作られたとは思えない程、精巧に作られていて、これは秦代の高度な冶金技術、車輪構造、
工芸技術などの結晶といえます。



今回のメインの一つ、兵馬傭です。1号館の兵馬傭では坑の広さ、多数の兵馬傭に驚きました。



土壁で11の通路の溝を掘り、下に煉瓦を敷き兵馬傭を並べて埋めます。最後に上から丸木を差し渡し、その上に蓆を敷くのですが、蓆の上が土で覆われていたため最近まで存在が知られなかったのです。




この兵馬傭の発見者、楊志発さんは雨が降らないので、井戸を掘ろうとして、偶然見つけたそうです。楊さんは博物館売店で今はサイン入りの本を売っています。前は記念撮影にも加わってくれていたようですが、あまりのカメラのフラッシュの多さに目を患われ、最近は握手のみとなったそうです。今回のメンバーには記念撮影の希望者はいませんでしたが・・・。







前に学者がいるのが見えますか? 今も学者、調査隊は研究中、採掘中です。
兵馬傭は土に埋もれているときは、色彩鮮やかですが、掘り起こし大気にふれると、二日目には色が薄くなり、三日目には写真のように茶一色になってしまうのです。兵馬傭の顔はどれ一つとっても同じ物はありません。実際の人物を真似て作った為ですが、首のないものは、モデルが戦場に行ってしまい顔が作れなかったそうです。



兵馬傭を見て御満足の方々ですが、何故かこの写真、私にはみなさんが兵馬傭に見えるのです・・・。





西安のお土産センター。ガイドさん達は必ず一日に一、二個所、こういうところを案内してくれます。聞いてみたら、お土産屋でお客さんを案内したというサインしないといけないシステムになっているのだそうです。ですから「みなさん!何も買わなくても、いいですから!見るだけでいいですから!」というのですが、結局皆ここで買うことになりました。




その2に続く・・・


海外